「Shokz(AfterShokz)」骨伝導ワイヤレスイヤホンおすすめ5選!骨伝導イヤホン買うならこれだ!

「骨」を振動させることで音を聞かせることができる「骨伝導ワイヤレスイヤホン」が最近注目されている。

その中でも一番のオススメは「Shokz(AfterShokz)」の骨伝導ワイヤレスイヤホンだ!

その理由は、「Shokz(AfterShokz)」は世界で初めて骨伝導イヤホンを発売したメーカーであり、その技術力は確かなものだからだ。

なので、骨伝導イヤホンで失敗したくないのであれば、他の選択肢はないだろう。

そこでここでは、「Shokz(AfterShokz)」の骨伝導ワイヤレスイヤホンを紹介していくことにする。

私のオススメは「Shokz OpenRun Pro」

私が一番にオススメするのは何と言っても「OpenRun Pro」だ!

もちろん私も使っているぞ!(ページ下部で紹介している)

この 「OpenRun Pro」はShokzが満を持してこの世に送り出した、正真正銘世界最高の骨伝導イヤホンだ!

第9世代の骨伝導テクノロジー「Shokz TurboPitch」を搭載し、骨伝導イヤホンの音質の常識を覆す音楽的なサウンドが味わえるようになったのだ!

特に改善されたのは低音域の再生能力だ!

今までの骨伝導イヤホンでは再生不可能と思えた低音域が見事に克服されている。

よほど低音域をドンドンいわせて音楽を聴きたい人でなければ、これで充分な音質だと言い切れる!

また、バッテリー駆動時間は10時間で、急速充電にも対応。

骨伝導イヤホンで後悔したくないならこの「Shokz OpenRun Pro」で決まりだ!

こちらもオススメ!「AfterShokz OpenMove 2020」!

私がオススメするのは「AfterShokz」の2020年最新型の骨伝導イヤホン「OpenMove 2020」だ!

この「OpenMove 2020」は、「AfterShokz」第7世代骨伝導技術を搭載したイヤホンだ。

第8世代の上位機種「AEROPEX」に負けず劣らずの高音質が特徴だ!

そして、本体はわずか29gと軽量!

また、連続使用時間は6時間、待機時間は240時間と超ロングライフ!

なので、バッテリー残量を気にすることなく音楽を楽しむことができるぞ!

プロブロガーである私の師匠?「しゅうへいさん」も愛用しているイヤホンだ!

私が「Shokz(AfterShokz)」をオススメする理由

私が骨伝導イヤホン「Shokz(AfterShokz)」をオススメするのには明確な理由がある。

以下、順に解説していくぞ。

AfterShokzは、世界で初めて骨伝導イヤホンを発売したメーカー

私が「AfterShokz」をオススメする一番の理由は、「Shokz(AfterShokz)」は世界で初めて骨伝導イヤホンを発売したメーカーであり、その技術力は確かなものだからだ。

「Shokz(AfterShokz)」は、世界中で実に300以上の特許を取得しているため、その技術、品質は確かだ。

もちろん、他社の安価なモデルにも良い商品はあると思うが、当たりはずれもかなりあるらしく、中には普通に音が鳴ってるだけのものもあるようだ。

なので、骨伝導ワイヤレスイヤホンを選ぶなら「Shokz(AfterShokz)」にした方があとあと失敗がないだろう。

仮に「Shokz(AfterShokz)」でダメなら、そもそも骨伝導イヤホンがあなたに合っていないことになる。

その時は、骨伝導ワイヤレスイヤホンはあきらめた方が無難だろう。

音質が良い

「Shokz(AfterShokz)」の骨伝導イヤホンは、他社の骨伝導イヤホンに比べて音質が良いと評判だ!

「Shokz(AfterShokz)」の骨伝導テクノロジーは第9世代にまで進化した。

第9世代では「Shokz TurboPitchテクノロジー」を採用し、鮮明でクリアな中高音を実現するとともに驚くほど深みのある低音を実現している。

また、旧モデルにおいても広いダイナミックレンジと芳醇な低音を楽しむことがでる「PremiumPitch+技術」を採用している。

そのため、他のメーカーに比べて骨伝導イヤホンが特に苦手としている「低音域」の再生能力が優れている。

なので、少しでも高音質で音楽を楽しみたいのであれば「Shokz(AfterShokz)」の骨伝導イヤホンを選ぶべきだろう。

私が骨伝導イヤホンをオススメする3つの理由

骨伝導イヤホンうを選ぶなら「Shokz(AfterShokz)」が最適であることは先の説明で理解できたと思う。

そこでここでは骨伝導イヤホンをオススメする理由について説明していくぞ。

理由その1 骨伝導イヤホンは「ながら聞き」に最適!

骨伝導ワイヤレスイヤホンは普通のワイヤレスイヤホンとは違い、鼓膜を使わずに音を聴くことができる画期的なイヤホンだ。

つまり、骨伝導ワイヤレスイヤホンはその構造上、耳をふさぐことがないので音楽を聴いていても外の音をはっきりと聞くことができるのだ。

ここで、あなたがワイヤレスイヤホンを使う時のことを想像して欲しい。

例えば、音楽を聴きたい時、部屋にこもって何もせずにじっとして音楽を聴いているだろうか?

きっとそんなはずはないはずだ。

たいていは、通勤途中の電車の中や家事をしながら、あるいはウォーキングやランニングなどで音楽を聴いていることも多いと思うのだ。

つまり、何かをしながら「ながら聞き」をしている人がほとんどだろう。

そんな時、普通のワイヤレスイヤホンだと周囲の音がほとんど聞こえないため色々と不都合も出てくる。

例えば、ウォーキングやランニングでは車や自転車の接近に気付かなかったり、あるいは家で音楽やYouTubeなどの動画を見ていて家族の呼びかけに気付かないなんてこともある。

電車の中では、車内アナウンスが聞こえずに、自分が下りる駅に気付かなかったり…。

そんな時、骨伝導ワイヤレスイヤホンなら外の音がはっきり聞こえるため、ランニングやウォーキングをしていても車の接近などに気が付きやすいので安全だ。

また、普段の家事をしながらでも音楽を聴いたり語学勉強をしたりすることもできるのだ。

なので、「ながら聞き」がしたいなら、骨伝導ワイヤレスイヤホンを強くオススメするぞ!

理由その2 耳をふさがないからかゆくならない

あなたも経験があると思うが、普通のイヤホンでは耳をふさいでしまうため、夏の暑い時や長時間付けていたりすると耳の中が蒸れてかゆくなることがある。

しかし、骨伝導ワイヤレスイヤホンは耳をふさがないため耳の中が蒸れることはまったくない。

なので、夏場や運動している時、あるいは長時間の使用でも快適に音楽を聴くことができるのだ。

特に、仕事などでずっとハンズフリーのイヤホンマイクを付けるような場合、この骨伝導ワイヤレスイヤホンなら一日中付けていてもまったく問題ない。

私は仕事中は一日中付けっぱなしだ。

理由その3 鼓膜の負担を減らすことができる

近年、ヘッドホンやイヤホンを使って大音量で音楽を聴くことによっておこる「ヘッドホン難聴」が問題視されている。

WHOでは、「80dBで1週間当たり40時間以上、98dBで1週間当たり75分以上聞き続けると、難聴の危険がある」としているのだ。

つまり、今現在1日に何時間もイヤホンで音楽を聴いている人、あるいは音量を上げないと気が済まないような人は、将来難聴になるリスクが高いということだ。

なので、普段からよくイヤホンで音楽を聴く人は、今後もためにも鼓膜の負担を減らせる「骨伝導ワイヤレスイヤホン」を使うことも視野に入れて欲しい。

今のうちから鼓膜をいたわることで、歳を取った時に「難聴」になるリスクを大きく下げることができるぞ。

オマケ カラオケの練習ができる(笑)

これは、自分が使っていて気付いたことだが。

骨伝導イヤホンは、歌を歌いながら音楽を聴きたい人にもオススメだ!

骨伝導イヤホンは耳がふさがっていない状態で音楽を聴くことができるため、自分が歌っている声を聴いている音楽とは”別”に聞くことができるのだ。

なので、音源の歌声に自分の声が消されることがないため意外と歌いやすいぞ!

自分の部屋や車の車内などの密室であれば、思う存分歌の練習ができるはずだ(笑)

骨伝導イヤホンのデメリット

「ながら聞き」には最適な骨伝導ワイヤレスイヤホンだが、骨伝導ゆえのデメリットもある。

音質が良くない

骨伝導イヤホンの最大のデメリットは、カナルタイプの高音質イヤホンに比べて「音があまり良くないこと」だ。

骨伝導イヤホンは、骨を振動させて音を内耳に伝えるため、直接鼓膜を揺らして音を聴きとらせる普通のイヤホンに比べて低音が弱かったり、あるいは繊細な高音の表現が苦手だったりするのだ。

しかしながら「Shokz(AfterShokz)」の骨伝導イヤホンはダイナミックレンジと芳醇な低音を楽しむことがでる「PremiumPitch+技術」を採用している。

そのため、他社の骨伝導イヤホンよりは良い音で音楽を楽しむことができるぞ!

音が漏れる

骨伝導イヤホンはそのシステム上、音の振動を骨に伝えることで内耳に音を届ける。

なので、普通の音量で聴いていれば音が漏れることはほとんどない。

しかし、骨伝導イヤホンでもある程度音量を大きくすると普通のスピーカーのように音が出てしまうため、 静まり返った図書館などでの使用は不向きだ。

なので、骨伝導イヤホンはランニングやウォーキングなど、使用用途を限定して使う方が良いだろう。

骨伝導イヤホンの選び方

無線接続(Bluetooth)ができるものを選ぶ

骨伝導イヤホンを選ぶときは、ワイヤレスで接続できる「Bluetooth対応」の商品を選ぶようにして欲しい。

実は、骨伝導イヤホンには「有線タイプ」のものもある。

しかし、有線の骨伝導イヤホンではコードが邪魔になってランニングやウォーキング、あるいは家事などの邪魔になるのだ。

しかし、ワイヤレスで接続できる「Bluetooth対応」の骨伝導イヤホンなら、スマホは部屋に置いたまま家事などをすることができる。

もちろん、ランニングやウォーキングでもコードが邪魔にならないためとても快適だ!

なので、骨伝導イヤホンを選ぶなら「Bluetooth対応」のワイヤレスのモデルを選んでくれ!

防水のものを選ぶ

もし、骨伝導ワイヤレスイヤホンをランニングやウォーキングで使うなら、「防水機能」の付いたものがベストだ!

なぜなら、防水機能があれば突然の雨で濡れてしまっても全然大丈夫。

また、汗で汚れてしまったら水洗いすることもできるからだ。

中には水泳にも対応した防水機能を搭載したモデルもあるので、自分の用途に合わせて選んで欲しい。

通話ができる

これはすべてのワイヤレスイヤホンに言えることだが、通話機能は必須だろう。

というか、現在販売されている骨伝導ワイヤレスイヤホンにはほとんどすべて通話機能が搭載されている。

なぜなら、音楽を聴いている時に電話がかかってくることは普通にあるからだ。

なので、通話機能に関しては特に気にしなくても良いだろう。

ただ、CVCノイズキャンセリング機能が付いていればなお良し。

ノイズの少ないクリーンな通話を楽しみことができるからだ。

「Shokz(AfterShokz)」骨伝導ワイヤレスイヤホンおすすめ5選!

「Shokz OpenRun Pro」

私が一番にオススメするのは何と言っても「OpenRun Pro」だ!

この「OpenRun Pro」はShokzが満を持してこの世に送り出した、正真正銘世界最高の骨伝導イヤホン!

第9世代の骨伝導テクノロジー「Shokz TurboPitch」を搭載し、骨伝導イヤホンの音質の常識を覆す音楽的なサウンドが味わえるようになったのだ!

特に改善されたのは低音域の再生能力だ!

実際に、次に紹介している「OpenMove 2020」と聴き比べてみたが、明らかに低音域が克服されている。

もちろん、インナーイヤー型にはかなわないが、ながら聴きをするには充分な音質だ。

よほど低音域をドンドンいわせて音楽を聴きたい人でなければ、これで充分な音質だと言い切れる!

また、デュアルノイズキャンセリング・マイク搭載のお陰か、通話品質がすこぶる良い!

なので、テレワークをする人にもオススメだ!

結論。

骨伝導イヤホンで後悔したくないならこの「Shokz OpenRun Pro」で決まりだ!

買ってしまった!第9世代
専用ケースはとてもしっかりとした作りだ!
29gと超軽量!色はブルーを購入したが、グリーンだな…これは(笑)
  • 骨伝導技術第9世代
  • ワイヤレス方式:Bluetooth5.1
  • 周波数特性:20Hz~20,000Hz
  • 重量:約29g
  • IP55防汗設計
  • 連続再生時間10時間

AfterShokz OpenMove 2020

次に紹介するのは「Shokz(AfterShokz)」最安値の骨伝導イヤホン「OpenMove 2020」だ!

「OpenRun Pro」を買うまでこの「OpenMove 2020」を使っていた。

現在、「Shokz」の骨伝導技術は第9世代が最新だが、この「OpenMove 2020」は、第七世代の骨伝導技術を採用している。

しかしながら、この「OpenMove 2020」は第8世代の骨伝導技術を採用した「AEROPEX」にも迫る高音質が特徴だ!

そして、本体はわずか29gと軽量!

連続使用時間は6時間待機時間は240時間と超ロングライフ!

なので、バッテリー残量を気にすることなく音楽を楽しむことができるぞ!

また、CVC8.0通話用ノイズキャンセリング マイク付きなので通話もクリアー。

私は現在仕事でこの「OpenMove 2020」を使用しているが、騒音の中でも声が聴き取りやすいと言われたぞ!

価格もお手頃なので、初めての骨伝導イヤホンにもオススメだ!

  • 骨伝導技術第7世代
  • ワイヤレス方式:Bluetooth5.0
  • 周波数特性:20Hz~20,000Hz
  • 重量:約29g
  • バッテリー駆動時間:約6時間
  • IP55防汗設計
  • 連続再生時間6時間

AfterShokz TITANIUM 骨伝導ワイヤレスヘッドホン

次にオススメするのはこの「AfterShokz TITANIUM」だ!

この「AfterShokz TITANIUM」は、価格に対する機能性ではナンバーワンだろう!

骨伝導ヘッドホンでありながら広いダイナミックレンジと芳醇な低音を楽しむことがでる「PremiumPitch+技術」を採用。

なので、一般的なヘッドホンと同等のサウンドを実現しているぞ。

特に、骨伝導イヤホンが苦手とする「低音域」の再生に優れているぞ!

また、カラーも7色から選ぶことができるため、自分の好きな色を見つけることもできる。

骨伝導ワイヤレスイヤホンの中でも高性能・低価格なので、本格骨伝導ワイヤレスイヤホン入門に最適だ!

骨伝導ワイヤレスヤホンで失敗したくない人はこれを選んでくれ!

  • 骨伝導技術第5世代
  • ワイヤレス方式:Bluetooth4.1
  • 周波数特性:20Hz~20,000Hz
  • 重量:約36g
  • バッテリー駆動時間:約6時間
  • IP55防汗設計
  • 連続再生時間6時間

AfterShokz Aeropex 骨伝導ワイヤレスヘッドホン

こちらは実力、評価ともにナンバーワンの商品!

Amazon評価★4以上が88%と2万円もする商品では信じられない高評価なのだ!

通常、商品価格が高くなればなるほど対費用効果が得られにくく評価も厳しくなるものだ。

しかし、骨伝導ワイヤレスイヤホンという特殊な商品でありながらここまでの評価を集めるのは、本当にすごいとしか言いようがない!

基本性能もすばらしく、Bluetooth5.0、8時間連続再生、わずか26gと超軽量、2年間長期製品保証、「PremiumPitch+2.0」の高音質、 防水防塵性能 IP67…などなど。

一番のポイントは、旧モデルに比べてスピーカーユニットが小さくなったため、軽量になり装着感が増したこと。

そして、従来品に比べ音漏れが約20%程度軽減されたことだ。

もちろん、音質も格段に良くなっていて、特に中・高音域の再現力が高くなった。

お金に余裕があって、間違いのない骨伝導イヤホンが欲しいならコレ一択だ!

ちなみにこのモデルはブロガーでYouTuberの「イケハヤさん」も愛用しているぞ!

  • Bluetooth5.0
  • 8時間連続再生
  • わずか26gと超軽量
  • 2年間長期製品保証
  • 「PremiumPitch+2.0」だから高音質
  • 防水防塵性能 IP67

AfterShokz Xtrainer 骨伝導 デジタルオーディオプレーヤー 4GB

次におすすめするのは「AfterShokz Xtrainerz

この「AfterShokz Xtrainerz」は単なる骨伝導イヤホンではなく、イヤホン本体に4GBの内部ストレージを搭載している!

つまり、お気に入りの曲などをイヤホン本体に保存しておくことができるのだ!

そのため、ランニングやウォーキングにスマホを持ち歩かなくてもこの「AfterShokz Xtrainerz」だけで音楽が聴けてしまうぞ!

スマホの重さが気になってランニングに集中できない人には特にオススメだ!

もちろん 基本性能もすばらしく、Bluetooth5.0、8時間連続再生、わずか30gと超軽量、2年間長期製品保証、「PremiumPitch+2.0」の高音質、 防水防塵性能 IP68…などなど。

さらにこの「AfterShokz Xtrainerz」は水中専用のイコライザーも搭載!

スイミングモードに変換すれば、水中でもAfterShokz骨伝導技術により豊かな低音と綺麗な高音を聴くことができるのだ!

水陸両用の骨伝導ワイヤレスイヤホンは他には無いだろう。

スポーツ全般を楽しみたい人に特にオススメだ!

  • 4GBのストレージで1200曲保存可能!
  • Bluetooth5.0
  • 8時間連続再生
  • わずか30gと超軽量
  • 2年間長期製品保証
  • 「PremiumPitch+2.0」だから高音質
  • 防水防塵性能 IP68完全防水!

AfterShokz AIR 骨伝導ワイヤレスヘッドホン

こちらの「AfterShokz AIR」は、AfterShokz TITANIUMの後継モデル。

基本スペックはAfterShokz TITANIUMとほとんど同じだが、以下の機能が追加されている。

  • 通話に嬉しい「デュアルノイズキャンセル
  • 音質重視の人に嬉しい「重厚な低音が楽しめるブーストモードなど2つのEQプリセット

そのため、 外のノイズを気にすることなく快適な通話が可能だ。

また、 低音をブーストしバイブレーションと共に迫力あるサウンドが楽しめるEQプリセット、静かに音楽を楽しめるEQプリセットの2つのEQプリセットモードを搭載しているため、骨伝導イヤホンでもできるだけ良い音で聴きたい人にオススメだ!

  • Bluetooth4.2
  • 6時間連続再生
  • わずか30gと超軽量
  • 「PremiumPitch+」だから高音質
  • IP55防汗設計
  • デュアルノイズキャンセルで通話が高品質!
  • 2つのEQプリセットモードを搭載!
  • 安心の2年間保証!

まとめ

「Shokz(AfterShokz)」骨伝導ワイヤレスイヤホンおすすめ5選!元祖骨伝導イヤホンはこれだ!いかがだっただろうか?

「Shokz(AfterShokz)」は世界で初めて骨伝導イヤホンを発売したメーカーだ。

そのため、品質を求めるのであれば他の選択肢はないだろう。

そして、「ながら聞き」ができる骨伝導ワイヤレスイヤホンは、普段の生活で音楽を楽しむにはうってつけのアイテムだ!

家事をしながらでも、家族との会話を楽しみながらでも音楽を聴くことができるぞ!

その他、ウォーキングやランニング、ながら聞きでの語学練習やセミナー受講など「Shokz」骨伝導ワイヤレスイヤホンによってできることが一気に増えるぞ!

「Shokz(AfterShokz)」骨伝導ワイヤレスイヤホンは、あなたの音楽ライフに大きな変化をもたらすはずだ!

モテるオヤジの作り方 on stand.fm
モテおやじがお送りする音声配信! ダイエット、発毛のお話から歌配信まで!
聴いてみる

Scroll to Top