ホームジム・筋トレマシンに最適なトレーニングマットオススメ3選!高重量のマシンから床をしっかりと守る!

最近のコロナ事情で、自宅に「ホームジム」を設置する人が増えてきた。

「ホームジム」はそれひとつで全身を鍛えることができるため、自宅でしっかりと筋トレをしたい人にはベストな選択だ。

しかし「ホームジム」は、ウェイトと本体の重さを合わせると100㎏を超える物もあるため、そのまま設置してしまうと床や畳に傷をつけてしまう恐れがある。

そこでオススメなのが「トレーニング用フロアマット」なのだ。

トレーニング用フロアマット」は頑丈な作りのものが多く、100㎏以上のホームジムの重さから床や畳をしっかりと守ってくれるぞ!

そこでここでは、ホームジムの下に敷く「トレーニング用フロアマット」を紹介していく。

私のオススメは「SOLPEX」トレーニング ジョイントマット

私が1番にオススメするのはこの「SOLPEX トレーニング ジョイントマット」だ。

この「SOLPEX トレーニング ジョイントマット」は60×60cm、厚さ1.2cmの高硬度マットだ。

そのため、100kg以上のホームジムを設置しても床を傷付けてしまうようなことはない。

そして、価格も6枚で2880円と格安!

また、カラーはブラックとグレーの2色から選ぶことができる。

もちろん、「エッジパーツ」も付属しているぞ!

私がホームジムにトレーニング用保護マットをオススメする理由

私がホームジムにトレーニング用保護マットをオススメするのには明確な理由がある。

なぜなら、ホームジムは100㎏以上の重さがあるため、そのまま床や畳の上に置いてしまうと確実に床や畳を痛めてしまうからだ。

カーペットを敷いても良いが、長期にわたって使用することを考えると強度的には不安だ。

畳などは確実に凹んでしまうだろう。

それに対し、トレーニング用保護マットであれば厚み、強度ともに十分なのでホームジムの重さに耐えることができる。

特にアパートやマンションに住んでいる人は、床を傷つけてしまうとあとあと大変なことになる。

なので、ホームジムを購入するなら必ずトレーニング用保護マットを敷くようにして欲しい。

ジョイントタイプのマットがベストだ!

ホームジムの下に敷くトレーニングマットは、自由に組み合わせて使用できるジョイントタイプがオススメだ!

ホームジムの設置サイズは、大きいものだと120×140㎝くらいの設置面積が必要だ。

ここで気づいた人もいるかもしれないが、ホームジムの設置サイズは長さと横幅が意外と中途半端なサイズなのだ。

そのため、60×180㎝などの一般的なヨガマットでは幅が足りない。

もちろん、ヨガマットを2枚並べても良いのだが、つなぎ目が固定されないため剥がれることもある。

また、ヨガマットは厚手のものでも「柔らかい素材」のものがほとんどなので、100㎏を超えるようなホームジムを置くには適していないのだ。

そこでオススメなのが「ジョイントタイプ」のトレーニングマットなのだ。

ジョイントタイプのトレーニングマットは「高硬度」のものが多く、厚みも1㎝以上のものがほとんどだ。

そして、ジョイントタイプのトレーニングマットなら、自分の希望のサイズに並べることが可能だ。

なので、ホームジムの下に敷くトレーニングマットは「ジョイントタイプ」がオススメだ!

サイズは「60㎝×60㎝」を選ぶべし!

ジョイントタイプのトレーニングマットは30×30㎝〜60×60㎝のものまであるが、ここでオススメなのは「60×60㎝」のものだ。

「30㎝×30㎝」のものだと、ホームジムを置くなら横に4枚、縦に5枚で合計20枚必要になる。

しかし、30㎝×30㎝のジョイントタイプのトレーニングマットは通常、8枚~16枚セットで販売されているものが多い。

そのため、20枚並べようと思うと2セット買う必要があるのだ。

すると、かなりの枚数が余ってしまう。

しかし、60㎝×60㎝のトレーニングマットは6枚セットのものが多い

つまり、縦に3枚、横に2枚組み合わせると「120㎝×180㎝」となり、ホームジムのサイズにベストなサイズなのだ。

なので、買うのであれば「60×60㎝」のジョイントタイプのトレーニングマットがベストだ!

厚みは1㎝以上あるものがオススメ!

ホームジムは、ウェイトと本体の重さを合わせると100㎏を超えてしまう。

そのため、4㎜や6㎜などの薄いトレーニングマットではほとんど役に立たない

最低でも1㎝以上のトレーニングマットが必要だろう。

また、ヨガマットのように柔らかい素材のものでは厚みがあっても100㎏という重さでペシャンコにつぶれてしまう。

なので、ホームジムの下に敷くトレーニングマットは、厚さ1㎝以上の高硬度のEVAやPVCのものがベストだ。

ホームジム・筋トレマシンに最適なトレーニングマットオススメ3選!

ここで私が選んだ基準は

  • 60㎝×60㎝のサイズ
  • 厚さ1㎝以上
  • 高硬度EVA
  • 低価格

などだ。

よく似た商品が多いが、色や模様が違うので、好みのものを選んで欲しい。

SOLPEX トレーニング ジョイントマット ホームジム 60cm×60cm×1.2cm 6/24枚

私が1番にオススメするのはこの「SOLPEX トレーニング ジョイントマット」だ。

この「SOLPEX トレーニング ジョイントマット」は60×60cm、厚さ1.2cmの高硬度マットだ。

そのため、100kg以上のホームジムを設置しても床を傷付けてしまうようなことはない。

また、横2枚、縦3枚敷けば余裕をもってホームジムを設置することが可能だ。

そして、価格も6枚で2880円と格安!

また、マット表面はすべりにくい作りになっているため、安心してトレーニングに打ち込むことができるぞ!

そしてカラーはブラックとグレーの2色から選ぶ事ができるぞ。

もちろん、「エッジパーツ」も付属しているので、角や壁際にもピタッと合わせることができるぞ!

価格、性能、サイズともに非常にオススメだ!

  • 120㎝×180㎝のビッグサイズ!
  • このサイズで2960円~とお値打ち!
  • 厚さ1.2㎝で床をしっかりと守ってくれる!
  • EVA樹脂製なので環境にも優しく高耐久・高弾力!
  • エッジパーツ付属できれいに設置できる!
  • ブラック、グレーの2色から選べる

EVERYMILE トレーニング用ジョイントマット EVA 大判 60cm 厚さ1.2cm 6枚セット

この「EVERYMILE トレーニング用ジョイントマット」も60cm×60cm×1.2cmとなっている。

そして、高硬度マットなのでホームジムを設置するのり非常に適しているぞ!

この「EVERYMILE トレーニング用ジョイントマット」は表面の模様がチェッカープレート柄なので、トレーニングのモチベーションも上がる事だろう。

また、カラーはブラックとグレーの2色から選ぶことができるので、好きな方を選べば良いだろう。

そして、「エッジパーツ」も付属しているので、角や壁際にもピタッと合わせることができるぞ!

  • 120㎝×180㎝のビッグサイズ!
  • このサイズで2880円~とお値打ち!
  • 厚さ1.2㎝で床をしっかりと守ってくれる!
  • EVA樹脂製なので環境にも優しく高耐久・高弾力!
  • エッジパーツ付属できれいに設置できる!
  • ブラック、グレーの2色から選べる

BQKOZFIN ジョイントマット 大判 60cm 厚さ1cm 6枚セット EVA

この「BQKOZFIN ジョイントマット」も60cm×60cmのマットだ。

厚さは1cmと先に紹介したものより少し薄いが、ホームジムを設置しても床に傷を付けることなはないだろう。

そしてこの「BQKOZFIN ジョイントマット」はカラーバリエーションが豊富!

ブラック×グレー、オレンジ×グリーン、イエロー×ブルー、レッド×ブラックなどカラフル!

なので、自分の好みで好きな色を選ぶ事ができるぞ!

もちろん、「エッジパーツ」も付属している。

人とは違ったマットを探しているならこれがベストだ!

  • 120㎝×180㎝のビッグサイズ!
  • このサイズで2400円~と破格のお値段!
  • 厚さ1㎝で床をしっかりと守ってくれる!
  • EVA樹脂製なので環境にも優しく高耐久・高弾力!
  • エッジパーツ付属できれいに設置できる!
  • ブラック×グレー、オレンジ×グリーン、レッド×ブラックなどカラフル!

まとめ

ホームジム・筋トレマシンに最適なトレーニングマットオススメ3選!高重量のマシンから床をしっかりと守る!いかがだっただろうか?

ホームジムは、ウェイト重さを合わせると100㎏を超えてしまう。

そのため、床や畳を守るためには「トレーニングマット」を敷くべきだ!

そして、ホームジムのサイズに合わせて敷くことができる「ジョイントタイプ」がオススメだ!

もちろんサイズは「60㎝×60㎝」だ!

厚手のジョイントマットでしっかりと床や畳を守り、思う存分トレーニングに励んでくれ!

ホームジムを買いたい人はこちらで紹介しているぞ!

モテるオヤジの作り方 on stand.fm
モテおやじがお送りする音声配信! ダイエット、発毛のお話から歌配信まで!
聴いてみる
Scroll to Top