筋肉がデカくなる食事とは?たんぱく質と糖質が肝だ!

筋肉をデカくしたいのであれば、普段の食事が一番重要だ。

なぜなら、人間の身体は食べたものからしか作られないからだ。

しかし、何を食べていいのかわからないという人も多いのが実情だ。

また、

  • 「プロテインを飲んでいれば大丈夫!」

といった誤った認識の人も多いだろう。

いくらプロテインを飲んでいても、普段の食事がおろそかであれば筋肉をデカくすることはできない。

そこでここでは、筋肉をデカくするための食事についてわかりやすく解説していくぞ。

ほんの少し、普段の食事に意識を向けるだけで筋トレの効果を最大限に活かすことが可能になるのだ。

筋肉と食事の関係

あなたも知っていると思うが、ざっくり言えば筋肉は「たんぱく質」から出来ている。

つまり、筋肉をデカくしたいのであれば、たんぱく質を豊富に含む食事をしなければならない。

つまり、たくましい「デカい筋肉」が欲しいのであれば、筋トレと同じくらい「食事の内容」も重要なのだ!

しかし、筋トレをしている人でこんな人を見かけるのだ。

  • ご飯はコンビニ弁当やカップラーメンとおにぎり。だけどプロテイン飲んでるから大丈夫!

実は、これは最悪な食事だ。

確かに「プロテイン」は良質なたんぱく源だが、「プロテイン」はあくまでも「栄養補助食品」。

「プロテイン」だけを飲んでいても筋肉をデカくすることはできない。

なぜなら、たんぱく質を効率よく吸収するためには他の栄養素との兼ね合いがあるからだ。

例えば、たんぱく質を体内に吸収するためには「ビタミンB群」が必要だ。

なので、筋肉をデカくしたいのであれば、栄養バランスを考えて普段の食事をしっかりと管理することが重要なのだ!

筋肉をデカくするために必要な栄養とは?

筋肉をデカくするためには、普段の食生活がとても重要だ。

しかし、現代の忙しい社会の中ではなかなかバランスの取れた食事ができない。

なので、筋肉をデカくするために以下のことに気をつけて食事を心がけて欲しい。

たんぱく質をしっかりと食べる

先にも説明したが人間の身体、つまり「筋肉」は「たんぱく質」から出来ている。

そのため、たんぱく質が不足していては筋肉をデカくすることは難しい。

つまり、どれだけ筋トレを頑張っていても思ったように筋肉がデカくならないのだ。

特に、ダイエット目的で筋トレをする場合、無理な食事制限のせいでかえって筋肉が小さくなってしまう事もあるのだ。

なので、筋肉をデカくしたいのであれば、筋肉の材料となるたんぱく質をしっかりと食べるようにして欲しい。

たんぱく質を豊富に含む食べ物

  • 鶏肉
  • たまご
  • ブロッコリー
  • タラ(魚)

など。

ここで一点だけ注意して欲しいことがある。

それは

  • 大豆などの豆類は食べない

ということだ。

え~~~~~~~っ!大豆は健康フードじゃん!

なんて声が聞こえてきそうだが、まぁ聞いてくれ。

実は、大豆などの豆類には「フィチン酸」という物質が含まれているのだが、「フィチン酸」は”ミネラルを吸着してしまう”という性質があるのだ。

つまり、豆類を食べると食事から摂取した鉄分やカルシウム、マグネシウムなどのミネラルを「フィチン酸」が吸着してしまい、体内に吸収できなくなってしまうのだ。

しかも、我々人間は「フィチン酸」を分解する酵素を持っていない。

そのため、豆類を食べれば食べるほどミネラル不足を招いてしまうのだ。

また、豆類には

  • ビタミンの吸収を阻害する「ピロドキシン・グルコサイド
  • アレルギー、自己免疫力の低下を招き「リーキーガット症候群」を引き起こすと言われる「レクチン」「サポニン」

も含まれているのだ。

つまり豆類は、

  • 「たんぱく質は補給できるがビタミンとミネラル欠乏を引き起こす」

ということなのだ。

そのため、たんぱく源として「豆類」を食べることはあまりオススメしないぞ。

ちなみに、納豆や味噌などの発酵したものはフィチン酸の効力が弱まっているため食べても大丈夫だ!

糖質も必要!

ダイエットの敵ともいえる「糖質」。

確かに、糖質を食べ過ぎるのは「太る」こと以外にも「中性脂肪が増える」など体に良くないことが多い。

なので、健康のためには糖質をある程度制限する方が良い。

しかし、筋肉をデカくするためには適度な糖質が必要不可欠なのだ。

なぜなら、人間の身体は血中の糖質がなくなるとたんぱく質を分解して糖質を作り出す、いわゆる「糖新生」が起こるからだ。

つまり、どれだけ筋トレを頑張っていても、糖質が少なすぎると筋肉を分解して糖を作り出すメカニズム「糖新生」が働いてしまい、思ったような筋トレの効果を実感することができなくなってしまうのだ。

なので、でかい筋肉が欲しいのであれば、筋トレの効果を最大限活かすためにも「糖質」を適度に食べることが重要だ!

しかし、ここで一点だけ注意していただきたいことがある。

それは

  • 小麦は食べない

ということだ。

え~~~~~~~っ!パンが大好物なのに~~~!

毎週丸亀正麺でうどん食べてるのに~~~~~~!

パスタがないと生きていけない~~~~~~~~!

なんて声が聞こえてきそうだが、まぁ聞いてくれ。

実は、小麦に含まれる「グルテン」はリーキーガット症候群を始めとする数々の病気の原因と言われているのだ。

なので、糖質を食べるなら普通に「ご飯」が良いだろう。

真に体のことを考えるのであれば、パンやスナック菓子は極力避けるようにしてくれ!

ビタミン・ミネラルも大切だ!

筋肉をデカくするためには「たんぱく質」「糖質」が大切だと言った。

しかし、それ以外にも「ビタミン」や「ミネラル」の存在も忘れてはならない。

特に、たんぱく質を分解・吸収するためにはビタミンB群が必要不可欠だ。

つまり、「プロテインだけ」とかの偏った栄養補給はよくないということだ。

ビタミンやミネラルの多くは、緑黄色野菜やキノコ類に多く含まれている

なので、毎日の食事でしっかりと緑黄色野菜やキノコ類を食べるようにして欲しい。

筋肉をデカくする食事はトレーニング後が重要だ!

筋肉をデカくしたいのであれば、筋トレ後の食事が一番重要だ!

なぜなら、特にハードな筋トレをした場合などは筋肉のダメージを修復しようと栄養の吸収が活発になるからだ。

特に、筋トレ後30分~45分間が栄養の吸収効率が良いと言われているぞ。

これがいわゆる「黄金の時間帯」だ。

そんな時に「カップラーメン」などを食べていては筋肉はデカくならない。

なので、筋トレの後の食事こそ、特に気をつかうようにして欲しい。

たんぱく質を中心としたバランスの良い食事を心がけてくれ。

筋トレ前には「バナナ」だ!

筋肉をデカくするためには、筋トレ後の食事が重要だと説明したが、筋トレ前も無視できない。

特に、筋トレ前に糖質が不足していると、先の説明の通り「糖新生」が起こってしまいたんぱく質を分解してしまう。

なので、筋トレの1~2時間くらい前に糖質を軽く補給しておくと良いだろう。

そこでオススメするのは「バナナ」だ。

バナナは消化吸収も良く、糖質、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んでいるためトレーニング前の栄養補給に最適なのだ。

また、バナナ1本当たりのカロリーはわずか「86kcal」!

ご飯茶碗一杯「250kcal」や、食パン1枚「210kcal」と比べても非常に低カロリーなのだ!

なので、筋トレ前の栄養補給には「バナナ」をオススメするぞ!

プロテインはあくまで「補助」として飲むべし!

筋肉をデカくするために

  • 「プロテイン」を飲めば早いんじゃね?

という人もいるだろう。

確かに間違いではない。

しかし、それはあくまで「普段の食事がちゃんとしていること」が大前提の話だ。

どれだけ「プロテイン」を飲んでいても、普段の食事が「カップラーメン」や「コンビニの弁当」ばかりでは良い身体を作ることはできない。

つまり、筋トレの効果を最大限に活かすためには「プロテイン」だけでは駄目なのだ。

「プロテイン」はあくまで「栄養補助食品」だ。

なので、「プロテインさえ飲んでいれば大丈夫」という安易な考えは今ここで捨ててくれ。

「プロテイン」の効果的な利用法は、

  • 筋トレ前の栄養補給
  • 筋トレ後の栄養補給

これだけだ。

なので、普段の食生活に「プロテイン」を入れる必要はない。

そうではなくて、普段の食事をしっかりと見直す方が先なのだ。

スナック菓子や過度のアルコールなどを摂取したままプロテインを飲んでも筋肉はデカくならない。

我々の身体は、食べたものからしか作られないのだから、今一度、普段の食事を見直して欲しい。

たんぱく質や野菜、良質な脂質をしっかりと食べるようにしてくれ。

何を食べていいのかわからないなら「冷凍宅配弁当」がオススメだ!

ここまでの説明で、筋肉をデカくするためには普段の食事が重要だと理解できたと思う。

しかし

  • そんなバランスが取れたご飯なんて作れねーし!
  • 嫁さんにお願いするのはちょっと難しい…汗

という人もいるはずだ。

何を隠そう私も料理はからっきしダメだ。

それに、うちの妻は大の「炭水化物好き」なのだ。

そのため、妻の作ってくれる料理を普通に食べているとどうしても糖質過多になってしまう。

そこで私がお昼の弁当に利用しているのが「冷凍宅配弁当」なのだ。

「冷凍宅配弁当」はたんぱく質、脂質、糖質のバランスをしっかりと考えて作られている。

つまり、我々がすることはたったひとつ。

レンジで「チン」して食べるだけだ!

これは本当にお手軽なので、普段、コンビニ弁当などを多用している人などにも特にオススメするぞ!

筋トレ・ダイエッターにオススメは「マッスルデリ」!

糖質制限なら「ナッシュ」!

たんぱく質メインなら「GOFOOD」!

こちらのページで詳しく説明しているぞ!

まとめ

筋肉をデカくする食事とは?たんぱく質と糖質が肝だ!いかがだっただろうか?

筋肉をデカくするためには「たんぱく質」や「糖質」、その他の栄養をバランスよく食べることが重要である。

そして、筋トレ前や筋トレ後の食事によって筋トレの効果を最大限に活かすことが可能になるのだ。

なので、今現在、何も考えずに食事を食べている人は今一度、食事のタイミングと内容を見直して欲しい。

ジャンクフードや過度の糖質、アルコールなどを少し制限して、たんぱく質メインの食事を意識してみてはどうだろうか?

いちいち考えるのが面倒なら「冷凍宅配弁当」という手もある。

せっかく筋トレを無駄にしないためにも、筋トレの効果を最大限に活かすために、筋トレ前後の食事に特に気をつけよう!

数か月で自分の身体が変わったことが実感できるはずだ!

Scroll to Top