運営者プロフィール

もてるオヤジの作り方」へようこそ。

このサイトを運営している自称「モテオヤジ」だ。

この「モテオヤジ」とは、「モテるオヤジ」という意味ではなく「モテたいオヤジ」のことだ(笑)

お間違えの無いように…。

2020年現在で51歳。

三重県在住。

妻、娘、息子と暮らす普通のサラリーマンである。

「ステイサム化計画、始動。」

まずはいきなりぶっちゃけていこうと思う。

私は28歳ころから薄毛に悩むようになり、さらに37歳の時には60kgだった体重も80kgに…。

まさに

”ハゲデブ一直線”

の状態だった。

しかも、そのころからひどい腰痛にも悩まされるようになった。

ヤバい、このままではヤバい…汗

髪は薄くなるし、おまけに太ってきて腰痛もヤバい! 37歳でこんなにしんどいのに、このまま50歳になったらどうなってしまうんだ…汗

もはや人生を諦めようかと思うほどだった(笑)

しかし、そこに一筋の光が差し込んだ。

それは、たまたまテレビで見た映画「トランスポーター」だった。

ご存じない方のために念のため説明しておこう。

映画「トランスポーター」とは、何でも運ぶ「プロの運び屋」を主人公とするカーアクション映画である。

そして、この映画の主人公のフランク・マーティンを演じていたのが映画俳優の「ジェイソン・ステイサム」。

実は私は、この映画を見るまで「ジェイソン・ステイサム」の存在を知らなかった。

しかし、この映画を見て、彼の役柄や鍛え上げられた肉体に完全に虜になってしまったのだ。

この人、ハゲてるのにめちゃくちゃカッコいいやん!

そうか、ハゲてても鍛えればかっこいいんや!

と、薄毛に悩み始めていた私に、これからの生きる活路を見出してくれたように思えた(笑)

私はやりたいと思ったらやらないと気が済まない性格なので、それこそ「」で筋トレ器具を買いに行ったのを今でも覚えている。

そして、その日から”男はハゲたらステイサム”を合言葉に筋トレを開始したのだ。

これが私の「ステイサム化計画」の始まりだった。

1ヶ月で7㎏、2ヶ月で10㎏のダイエットに成功!

私は、若い頃から線が細く、いわゆる”食べても太らない体質”だと勝手に思い込んでいた。

しかし、結婚して毎日の食生活が安定してきてから、毎年1㎏づつ増え続けていき、気が付けば80kgの大台に…。

というか、毎晩ビールをのむ習慣ができてしまったため、太った原因は食事というよりは”お酒”かも知れないが。

そして、37歳の頃になると腰痛もひどくなり、寝ているときに寝返りがうてないほど腰痛が悪化してしまったのだ。

もちろん、整形外科や接骨院などにも通ったが、電気を流すリハビリではまったく良くならず。

髪は薄くなるし、太ってきたし、腰痛も酷い…。

そこで、まずは痩せようと考えた。

そして、ダンベルトレーニング、腕立て伏せやスクワットなどの筋トレだけでなく食事制限も同時に行った。

その結果、最初の1ヶ月で7㎏減、2ヶ月でトータル10㎏のダイエットに成功したのだ!

そして3か月目からはダイエットのペースは落として、男らしいたくましい身体づくりに路線変更。

そう、「ステイサム化計画」の本格始動だ。

やっぱり男はがっちりした体形の方がいいだろう?

ダンベルを30㎏まで増やし、日々筋トレを続けていった。

そして筋トレ開始から半年後、50㎏のバーベルセットとベンチを買い、さらに筋トレに拍車をかけた。

折り畳み式のバーベルベンチだ!
使うときはこんな感じ。
ダンベル・バーベルトレーニングの必需品だ!

それから早10年が経った。

途中、誤った筋トレ方法でさらに腰痛がひどくなり筋トレを休んでいた時期もあったが、2020年現在は週に1~2回のペースで筋トレをしている。

一度、そこそこまで鍛え上げてしまうと、その後の筋肉の維持はそれほど難しくない。

なので、今では自分のペースで楽しく筋トレをしているぞ!

筋トレの内容も、メインはもっぱら「自重トレーニング」。

  • プッシュアップバーを使った腕立て伏せ
  • 懸垂バーを使った懸垂
  • チューブを使ったラットプルダウン
  • チューブを使ったアームカール
  • チューブを使ったフロントレイズ、サイドレイズ

などだ。

バーベル、ダンベルによるベンチプレスなどは月に2~3回程度だ。

やっぱり髪はあった方が良い(笑)

私の「ステイサム化計画」は、薄毛を肥満きっかけに発動した。

しかし、実際に筋トレをしてダイエットに成功したら「欲」が出てきてしまった(笑)

そう、やっぱりハゲは嫌なのだ。

何としてもハゲから脱出したい!

そう思い、「ステイサム脱出計画」を発動!(笑)

長い間、お金をドブに捨てるような髪の生えない育毛剤に多額のお金を費やしてきてしまった。

しかし、男のハゲ、つまり「男性型脱毛症(AGA)」は薬で簡単に治せるのである。

しかも、毎月3000円以下で。

結論から言えば、薬を自分で海外から個人輸入すればいいのだ

ちなみに、日本皮膚科学会と毛髪科学研究会が共同で作った「日本皮膚科学会男性型脱毛症診療ガイドライン」というものがあるのだが、そこでは治療薬の成分について以下のように推奨されている。

フィナステリド内服行うよう強く勧める
デュタステリド内服行うよう強く勧める
ミノキシジル外用行うよう強く勧める

つまり、「フィナステリド」あるいは「デュタステリド」を服用し、頭にミノキシジルを塗ることが一番に推奨されているのだ。

ちなみに、フィナステリドとデュタステリドは髪が抜ける悪玉ホルモンをブロックする薬だ。

これを飲まないと、どれだけミノキシジルを塗っても髪は太くなっていかないぞ。

そして、AGAクリニックではこのガイドラインに沿って薬が処方されるので、どのAGAクリニックに行ってももらえる薬は「フィナステリド」と「ミノキシジル」なのだ。

しかも、これらの薬は個人輸入で買うことができるのだ!

つまり、高額なAGAクリニックに行かなくても良いのだ。

もしあなたが、私と同じように少しでもリーズナブルにハゲを克服したいのであれば、個人輸入を利用してはどうだろうか?

2019年10月29日。私の50歳の誕生日に撮影(笑)
2020年1月2日①

2020年2月28日に撮影。4ヶ月でここまで生えたぞ!

ちなみに、「チャップ〇ップ」とか「ポリ〇ュア○X」とか「ラ〇ブット」とかのまったく髪が生えない育毛剤を買っていてもまったく意味がないぞ。

これらの育毛剤にはミノキシジルは配合されていない。

つまり、髪は生えないのだ。

髪が生えるために必要なのは「フィナステリド(デュタステリド)」と「ミノキシジル」。

たったこれだけ。

生活習慣もストレスも睡眠不足もシャンプーも紫外線もなーんにも関係ないぞ(笑)

もしこれらの原因で頭の頭頂部がハゲるのであれば、なぜ、成人男性だけがはげるのか?

女性は?

子供は?

生活習慣が原因でハゲるなら、すべての人が同じ割合でハゲなければおかしいだろう?

例えば、風邪だってインフルエンザだって花粉症だって大人も子供も男も女も同じように発症するぞ。

でも、頭のてっぺんがハゲるのは成人男性だけだ!

これが男性型脱毛症「AGA」なのだ。

なので、「AGA」を治したいのであれば、「フィナステリド(デュタステリド)」と「ミノキシジル」しかないぞ!

ちなみに、フィナステリド(デュタステリド)は個人輸入でしか購入することができない。

また、個人輸入するフィナステリド(デュタステリド)は日本国内未承認の医薬品になるため、販売サイトで写真を掲載しての販売は法律で禁止されている。

しかしながら、購入者が自分の意志で商品を検索して購入することは認められているのだ。

なので、販売サイトで成分名や商品名を検索して購入できるサイトがベストなのだ。

違法に写真を掲載してバンバン宣伝して商品を販売しているサイトが多い中、「アイドラッグストアー」だけは合法で商品を販売している優良サイトだ。

もちろん、私も利用しているぞ。

「アイドラッグストアー」の「個人輸入医薬品」の検索窓に希望の商品名や成分名を入力し検索をすれば、欲しい商品が見つかるはずだ。

Scroll to Top